浮気・不倫の体験話 寝取られ舌
寝取られ舌 TOP  >  浮気・不倫の体験話

人妻陽子


新宿についた俺はアルタの前を避け、○○○○前の青信号を待っていた。
その時何とはなしに対岸の一人の女性と目があった。
彼女はハッとして目をそらした。
カッコは地味だが、目鼻立ちがすっきりした美人だった。
「あんな女とやりてーなーぁ─」
と思っていると青信号になったので渡りはじめた。
彼女は誰か待っているのか渡ってこない。
「ちっ、近くで見てやろうと思ったのに」
俺は自分で近づいていった。
驚いたことに、彼女は俺の方を向いてまるで待っているかのようにしていた。
「やべっ、変な野郎だと思われたかな」
俺はつとめて然り気無く彼女の横を通り過ぎようとした。
「あっ、すみません。」
通り過ぎようとした俺の腕を掴んで彼女が言った。
「あの、もしお暇なら食事に付き合って頂けませんか?」
宗教の勧誘か?俺はちょっと身構えた。


[ 2015/05/26 22:04 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

よーじ 20才


俺の友達の彼女で、
優奈ちゃんって言うすごくかわいい子がいて、
童顔で背もちっちゃいんだけど、
胸なんかFカップぐらいあるし、
すごくエッチぽい体してるんですよね。

俺は、前からその子に目付けてて、
そいつからとってやりたいって思ってたんです。
俺は、おっぱい星人だからね。
それで、我慢できなくていきなり
その子のアパートに行ったんです。

そしたら、彼氏の友達だからって、
部屋にすんなり入れてくれて。
それで、いろいろ話してて、でも俺は、
彼女のミニスカートから見える太股とか、
おっぱいの谷間ばっか気になって話に集中できなかったけど。


[ 2015/05/19 22:07 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

連れの奥さん


111 軍鶏 sage 04/09/07 12:16 ID:Z4ZP3Aj9
連れの奥さん

初めて投稿します。
文章下手なので、伝わらなかったらすいません。
これまで3年間誰にも言えずにいたのですが、この気持ちを誰かに分かって頂きたくて…
自分にはずっと学生からの友人がいます。
彼とは所謂くされ縁(笑)
ただ、自分も彼も悪い遊び(女遊び、酒)は一切しません。
で、彼はというと、奥手も幸いしたのか、ずっと彼女がいませんでした。
そんな3年前のある日。

112 軍鶏 sage 04/09/07 12:16 ID:Z4ZP3Aj9
彼が、なんか嬉しそうなんですね…
なんだろう?と思って。
「おぃ!なんかあったの?まさか、彼女とか?(笑)」
「…ぁぁ…」
「まじで?嘘?」
本気で驚きました。
でも、ようやく春が来た。ってことは連れの自分も嬉しかったです。
かなりいいやつですし、人間的にもある意味尊敬してましたから。


[ 2015/05/18 21:48 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

お隣の蛍族仲間の美人妻と


.同じマンション・アパートの美人妻 Part 6

..53 04/09/06 23:38 ID:KHeMOQ+H
えっちな21禁さん(sage)

この流れの中だとお邪魔かな…
蛍族同士の親近感で話すようになった隣の奥さん、てのが居るんだけど。
ちょっと関係深まりそうな予感でどきどき中で、誰かに聞いて欲しい気分なんだが。


..57 04/09/07 00:00 ID:HVFf7a2N
えっちな21禁さん(sage)

では・・・

まずは最初の経過から。
自分は結婚5年目の34歳。子供は無し。妻は嫌煙家で煙草はベランダで吸わされる。
隣の夫婦とはたまにすれ違う程度の付き合いだったが、いかつい旦那と小柄で可愛い系奥さんの組み合わせがちょっと可笑しくて印象に残ってた。

最初に奥さんとベランダで出くわしたのは今年の春先。夜11時を大分まわって日付が変わるのも近いかなという時間だった。
自分はベランダの手摺に顎を乗っけてだらーっとぼけーっと煙草をふかしてた。
ガラガラと音がして隣のベランダに人が出てくる気配がしたんで、隣の旦那だろう、と思い込んで無造作に覗き込んでみた。そしたら、意外にもびっくりした顔で煙草咥えた顔をあげたのは、奥さんの方だった。


[ 2015/05/13 21:17 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

うちで雇った同級生の妻


これは私が経験した?本当の話です。まあ、ネタと思っても構\いませんが。
千秋が私の会社に事務員として来たのは、彼女の夫が私の同級生だったからです。
前の事務員が、家庭の都合で辞めたいと言う事で捜していたところに、彼、津川が
ひょっこりやって来ました。
「誰かパートでもいいから、居ないかな?」と言う私の問いに
「もし良ければ、うちのカミサン使ってよ。」と言う申\し出が有りました。
元銀行員と言うので、一度会うことにしました。
思ったより綺麗な人で、(今の女優で言うと国仲涼子にそっくり)頭もきれそうでしたので、すぐ採用を決めました。
はっきり言うと私は、津川が嫌いでした。高校の時から。
でも津川は私がそう思ってるなんて知る由も無く、ワイフを私に預けたのです。

千秋は取引先からの評判も良く、すぐ仕事にも慣れました。
彼女が私に好意を持ってるみたいだな と言う事は、すぐ分かりました。
土曜日の昼からはよくビールを買って来て、2人で飲みました。
勿論、他の社員が居ない時に限ってですが・・・。
そして、ある土曜日に初めての事が起こりました。


[ 2015/05/13 21:16 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)