浮気・不倫の体験話 寝取られ舌
寝取られ舌 TOP  >  浮気・不倫の体験話

友達の彼氏と汗だくで・・・


友達のTちゃんと彼氏K君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていないと聞きK君の相談に乗ってあげました。

職場の人達からはTちゃんとK君は結婚するんじゃないかと噂されるくらい普段は仲が良いのですが。

どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。職場も同じなので仕事のことも長々と話していました。

バーのようなところでお酒もすすみ、終電の時間に間に合わなくなりました。
タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとK君が「ホテルで泊まるか・・・」
「えぇっ!?」と答えると「何もしないからさ」
お酒に相当酔っていた私はK君に寄りかかりながら
歩いていたくらいで、早く横になりたい一心でした。


[ 2014/04/23 21:45 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

彼女と彼女の友達が泊まりにきたけど彼女の友達がエロすぎて・・


学生の頃、彼女(S子)が泊まりに来てた時にS子の友だちY子が
夜遅く突然やって来たんですけど・・・・
この時のことを書いていいでつか?

S子が2週間ぶりにお泊まりでボクのアパートに来た時のことです。
手料理も食べ終わりマターリしてましたが、しばらくするとS子が後かたづけのために流しに立ったので、
イタズラしようと思い後ろから抱きついてスカートに中に手を入れパンツを下ろすと
「もう」と怒ったものの大して抵抗もしなかったので、そのままクンニ&指マンをしてあげると簡単にイッてしまいました。
そのままセクースと思ったのですが、夜は長いし結局S子のパンツを元に戻してテレビを見ながら買ってきたワインを二人で飲んでました。


ほろ酔いかげんになった12時過ぎ、電話が鳴ったので(携帯ではない!)今頃誰かと思いながら出てみるとS子の友人Y子からでした。
「今S子いるでしょ。終電に遅れたのッ泊めてッ」とちょっと酔っぱらいの感じ。
無言でいると、「もう○○君(ボクのこと)ちの近くッ。今からおじゃましま~す」と言って電話は切れました。
S子に聞くとY子もデートだったらしく「朝から2人で外泊届けを出して女子寮を出てきたんだけどなぁ」とちょっと不満そうでした。


[ 2014/04/22 23:06 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

彼女の友人女が逝ったこと無いって言うので・・・


俺、彼女(香)、彼女の友人(ゆみ)、ゆみの彼(名前忘れた)、この4人の話。

付き合って2年、既に半同棲状態になっていた香は、その低めの身長にはアンバランスなほどでかい乳の女。
最初見たときは驚きもしたし興奮もしたけど、最近はゲップが出るくらい。
早い話倦怠期ってやつだったかもしれない。
性格は、少し陰があるけど自分で馬鹿だと自覚していて、それをネタに笑うことのできる明るい奴。
でも、当時、俺には他に好きな女がいた。
それを最初から知った上で、香は俺といてくれていた。
つらかったと思うけど、俺にはどうしようもなかった。
もちろん何度も別れようと言った。
でもその度に泣かれて、意思の弱かった俺は、まぁ現状維持でも…なんて思ってしまった。
そんな俺と別れる決意ができない香を気遣ってか、香の友人であり相談相手だった「ゆみ」はよく俺のいない時に香の遊び相手になってくれていた。


[ 2014/04/19 22:59 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

部下のお見合い3 何度も逝く!


ベッドでぐったりとしているミキを少しやすませる。
その間、優しく髪の毛を撫でていた。

ミキがキスをせがんできた。
私はミキを受け入れ、唇をあわせた後に舌を忍び込ませた。
ミキは私の舌を思いっきり吸い、そしてミキの舌を絡ませる。
私たちは深いキスを求め合った。

私はミキを抱き起こし、後ろから抱きしめ耳たぶにキスをした。
「あん・・・」
ミキは身を捩りながら喜びを表した。

そして、その手は背後の肉棒を撫でている。
器用にチャックを降ろし、パンツの上から輪郭をなぞるように形を確かめていた。

私はスカートのフックを外し、ファスナーを少しずつ降ろし始めた。
そして、おへそ側からパンストの中に手を入れる。
ミキの陰部はおびただしく湿っていて、すぐにそこが蜜壺だと分かった。


[ 2014/04/18 23:03 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

部下のお見合い2 欲しいの!


「今から逢えますか?」
家族団らんの時間帯にミキからのメールは珍しい。
いや、初めてだと思う。

私はもちろんミキを迎えに行くことにした。

「おう、どうだった?」
「うぅ~~ん、どうってこと無いって感じ」
「何だそりゃ・・・」
二人はシートベルトを締め、再びホテルを目指す。

「あのね・・・また逢うことになったの。」
「それは先方が気に入ったと言うことか?」
「どうかなぁ?・・・わからないや。」
私はお見合いの経験が無いから、TVでのイメージしかない。
後は。。。若い二人で・・・とか言いながら、庭園を散歩するあれだ。


[ 2014/04/18 23:02 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)