浮気・不倫の体験話 寝取られ舌
寝取られ舌 TOP  >  浮気・不倫の体験話

離婚届出す。この気持ちは後悔なのか?


97 名前:離婚さんいらっしゃい[] 投稿日:2009/08/01(土) 23:08:52
今度の月曜日、離婚届を出す。
今日、大方の引っ越しはしたが、これは後悔なのか

離婚理由は俺の浮気。
大した浮気じゃないが、それを探った嫁に心底ウンザリして、
糞味噌に罵った。
嫁は離婚しないでなんとかやり直すつもりだったらしいが、
俺の罵倒を聞いて、これじゃこの先この人とはやっていけないと
思ったんだそうだ。
離婚しましょと言われて、俺も離婚上等、
これからは行動を制限されずに好きに生きられると、
慰謝料400マソ、養育費月5マソ×2、独身時代に買ってローン無しのマンションを嫁にやって、
意気揚々と新しい生活に思いを馳せた。
子供は可愛いが、子供と暮らせる人生より、
嫁のいない生活のが意味があるように思った。
浮気相手とはバレたときすぐ別れた。
特別な思いはない。
嫁は相手に何も請求しなかった。
別に彼女に対しては、馬鹿な子ね、くらいの気持ちしかないし。だそうで、
修羅場みたいな相手vs嫁の戦いはなかった。


[ 2014/11/20 21:28 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

なおちゃん


802 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/01/18 03:22 ID:f1leIkdX
実話なのであまり面白くないかったらゴメンなさい。

彼女を紹介してくれたのは妻だった。
漏れの仕事に関することで相談があるということで引きあわされたのだが、彼女は飯島直子(なおちゃんとしておく)に似ためちゃくちゃかわいいコだったのだ。
その日はひととおりの話を聞いて別れたものの、その可愛い顔が忘れられず、1週間後、相談にかこつけて今度は二人で会おうと企み連絡を入れた。
「あのコ、おとこ好きなのよね」
という妻の言葉にも期待感があったことは否めない。
その証拠にこの間の1週間、漏れはオナピーを一度もしていないのだった。

803 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/01/18 03:26 ID:f1leIkdX
溜まりに溜まった子供達をたずさえて、漏れは約束の場所へと向かった。
彼女の家の近所だ。
到着したことを携帯に告げると、彼女はすぐに出てきた。
「おまたせー」
やっぱかわいい。
車の助手席に乗せ、そのまま食事へ…
仕事の話が半分、あとは他愛もない話。
どうして口説こうかとあれこれ思案するものの、どうにも決め手がない。
場所を移すことにし、車に戻った。


[ 2014/11/17 21:54 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

バツ一欲求不満の人妻


53 13日目44 sage 04/04/02 15:44 ID:ysOrx+Eh
ある日もう3~4年連絡してない先輩から携帯に電話があり、
結婚式するから2次会に来てくれとの事。
他にも知ってる人が来るならOKとの返事をしておいた。
ちなみに結婚相手は俺も知ってる女。

まぁそんな事はどうでもよいのだが、
俺も2年前に結婚してからというもの、
嫁さんの監視が厳しく、一人ではなかなか
出掛けさせてくれない。
このスレを毎日見るサボリーマン俺としては
こんなチャンスは二度とないと思い、
どうにか嫁さんを説得し一人で二次会に参加する事が出来た。
俺現在26才顔は普通だと思う。
格好も別におしゃれではないがダサい部類ではないと思う。

57 13日目44 sage 04/04/02 15:49 ID:ysOrx+Eh
入り口で金を払い名前を告げると、
後ろから「コウ!」と呼ばれた。
振り返ると子供をだっこした女。
俺  「おお!何、結婚したの?」
さおり「結構前にね~」
俺  「いつのまにか子供もおるし。何歳?」
さおり「まぁね。もうすぐ4歳。」
知ってる人が入り口で見つけられたので内心ほっとしていた。
この時はまさかあんなことが起こるなんて思ってもみなかった。


[ 2014/11/15 20:19 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

不倫の思い出


私も初の不倫体験をしてしまいました。
私は、東京出身で東京在住なのですが、現在、京都に単身赴任しています。
会社からは、月に一度の帰京経費を保証されていますが、会議等もあり、大体、月に2回は帰京しています。
子供は上が中学生で、下はまだ小学生です。
妻は30代の後半になってからむしろ性の悦びが深くなってきたみたいで、帰京の際は必ずセックスを楽しんでいます。
そんなわけで、単身赴任とは言え私は特に浮気したいとかは考えていませんでした。
この日も、週末に帰京して妻とのセックスを楽しんだ後、月曜日に本社での会議に出席した後、京都へ向かう新幹線に乗りました。
東京駅で弁当を買って席に着くと、隣の席は芸能人で言うと乙葉に似た感じの若くて可愛い女性でした。
るるぶか何かの京都版を見ていましたが、勿論、声をかけられるわけでもない私は、電車が動き出して、車掌が切符をチェックに来た後、弁当を食べ始めました。
最後に、新幹線の椅子に付いているプラスチックのテーブルでゆで卵を割ろうとしたのですが、全然割れないので、自分の額で割った途端、私は「しまった!」と思いました。
なんとそれはゆで卵ではなく、温泉卵だったのです。
それを見た隣の女性は思わず吹き出してしまったのを見て、「いや、参っちゃいました」と笑って誤魔化すと、彼女も「いいえ、ごめんなさい。笑っちゃって…」と言いました。
これがきっかけになって、私と彼女は話し始めました。


[ 2014/11/10 22:03 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)

母の浮気現場を目撃


俺の母の話だけど、一年程前にパソコンを購入しました。
当時、北九州に単身赴任する親父に、必死にパソコンをおねだりしている母の姿を何度も見かけ、
その週の日曜日に夫婦そろって朝から秋葉原に出かけると、夕方には18年連れ添った夫婦とは思えない程の熱々の二人がVAIOを片手に帰ってきました。
(共に同級生で18歳で結婚。2ケ月後に俺を出産。計算が合わねぇぞ(゚Д゚)ゴルァ!)

母「弘(俺の名:弘之)、ただいまぁ!これ直 (旦那を名前で呼ぶ:直之)に買ってもらったんだ。いいでしょー!」
俺「おっ、VAIOじゃん!俺も何か買ってもらおうかな」
母「ダーメ。弘は大学生なんだからバイトして自分で買いなさい。直におねだり出来るのは、 私と美緒(妹:7歳)だけよ。」
俺「じゃぁ、いいよ・・・でも、帰ってくるの遅かったねぇ。パソコン1台買うのに、10時間近く秋葉原にいたんだ?ふー ん( ̄ー ̄) ニヤニヤ」
母「・・・・そっ、それは・・・・・直があれがいい、これがいいって・・・(*--*)」
次第に赤みを帯びていく母の顔。
ホントに素直って言うか、嘘がつけないっていうか・・・
俺「美緒の妹や弟いらないからね!」
母「・・・・もうッ(*TT*)ミミマデアカイ・・・・ 直も何か言ってよ」
父「( ̄ー ̄) ニヤニヤ」
妹「美緒ねぇ・・・妹がいい」
これ以上ないと言うタイミングで、7歳児の投げたボールがストライクゾーンに・・・・


[ 2014/11/09 21:28 ] 非寝取られ話 浮気・不倫の体験話TB(0) |  CM(-)